アロマセラピストという仕事が注目を集めています。アロマセラピストとは、精油を用いて患者の心身の不調のケアを行う施術者です。
セラピストになるには、まず精油に関する深い知識が必要です。精油をひとつしか使わないところもありますが、通常は、症状にあわせて数種類を組みあわせて使用するため、それぞれの精油の特性やブレンド割合を決める知識などに精通している必要があります。また患者の身体症状を判断する知識も必要です。全身に施す施術の技術も欠かせません。
さらに、知識と技術と同等に必要なのがサロンワークスキルです。適切なカウンセリングを行い、お客さまのどこが不調なのか、何を求めているのかを、失礼なく聞き出すスキルが必要です。またサロンでリラックスし、心地よく感じててもらえるような話術やマナーも習得しておく必要があります。

アロマ関連のさまざまな民間の認定制度とは

アロマセラピストになるのに、資格は必要ありません。しかし、お客さまの症状に適した精油を選び、ボディやフェイシャルトリートメントなどの施術を行うために、アロマに関する確かな知識と施術技術が必要なのはすでに述べた通りです。これらを独学で学ぶのは困難なため、アロマスクールや通信講座を活用する必要があります。
多くのスクールでは、アロマセラピー関連のさまざまな民間団体が主催する認定資格の取得に対応しているか、スクール独自の認定制度を設けています。就職の際の強みにもなりますので、取得しておくといいでしょう。
各協会で認定している制度には、セラピストをはじめとして、インストラクターやコーディネーター、アドバイザーなどさまざまなものがあります。アロマに関われる仕事には、セラピスト以外にも複数存在します。それぞれの内容と特徴をよく検討し、将来アロマのどんな仕事につきたいのかを考えて、適した資格の取得を目指しましょう。

アロマに関わるさまざまな職場と内容

それでは、アロマに関わる仕事ができる職場には、どのようなものがあるでしょうか。
まず、やはり最も一般的なのはアロマセラピーサロンです。精油を用いてボディやフェイシャル、フットにトリートメントを行ってケアします。アロマトリートメントは、リラクゼーションサロンだけでなく、最近ではエステティックサロンやマッサージサロンでも取り入れるところが増えてきました。こういったサロンで充分な経験を積んだ後に、独立開業することも可能です。
アロマのリラクゼーション効果を活用して、医療現場や介護施設、整体などの治療院、高齢者施設でも取り入れるケースが増えています。
それから、アロマスクールや専門学校、カルチャースクールの講師やインストラクターとして働くという道もあります。