合宿免許時に掛かる費用のメリット・デメリット

合宿免許時に気になる料金ですが、とにかく安いというメリットがあります。相場は20~25万円ほどで、宿泊施設や食事の有無で料金が違ってきます。20万円を切る教習所もあります。注意する点は、時期によって料金が違ってくるという事です。夏休みや春休みといった長期休みの期間には料金が高めに設定されています。4~7月や10~1月は料金が安いので費用を抑えたい時にはおすすめです。合宿する場所まで行く交通費が気になりますが、上限がありますが交通費を負担してくれる教習所もあります。通学の場合には電車賃やバス代が掛かる場合もあるので、トータルどちらが得になるかはわかりませんが、交通費負担がある教習所は大きなメリットになります。合宿所の魅力は、実技や筆記試験の保証プランがあるという事です。通学では基本的に追加教習の金額が掛かってしまいますが、合宿の場合には保証付きプランが多く、運転に不安がある場合には保証プランを付けておくと安心です。保証プランがない場合には、料金が安くなる場合もあります。ただし、教習が延びてしまったら合宿先の宿代も必要になります。

せっかくなら楽しく合宿免許を取ろう

合宿免許のメリットはなんといっても短時間で低価格で免許取得できることです。上達の速さを通学で免許をとる場合と比べると、毎日、教習をうけることが出来る合宿な場合が断然早いです。追加講習になると宿泊施設の料金も加算されるので良いプレッシャーになるかもしれません。プランによっては毎日の食事も付けることが出来、免許の取得に集中できる環境です。デメリットとしては2~3週間のまとまった時間が必要ですが、学生が夏休みなどの長期の休みに取得するために入学するのには都合が良いかもしれません。友人と参加すると旅行気分で楽しく取得することも出来るでしょう。そのために免許取得以外にも食事や観光、レジャーに力を入れていることもあり、人気の合宿先は早めの予約が必要です。また人気の時期は料金が上がっている場合もあるので注意が必要です。

合宿免許のメリットとデメリット

今の時代、社会人になり、自動車運転免許証を持っていない人は誰もいないと言って良いのでしょう。この自動車運転免許証は、身分証明の代わりに使われることも多く、成年になった日本人には、必需品と言えるものになります。そんな自動車運転免許証、自宅から通いで取得するのか、それとも最近流行りの合宿免許で取得するのか、迷う人もいるのではないでしょうか。自宅から通うメリットもありますが、この場合費用も多くかかり、免許取得まで、かなりの時間を要することになることが多くなります。自身の都合で授業を受けることが、出来ないことが多くあります。それに対し、合宿免許は、学校側も早く免許を取得することに力を入れて来ます。集中的に授業を受けることで、早い人では2週間程度で免許証を手に取ることが出来るようになっています。ただ一つのデメリットは、長期間地元を離れることにあります。