アロマセラピストとは、エッセンシャルオイルと呼ばれる自然由来のオイルをさまざまに組み合わせ、マッサージやトリートメントといった施術を行い、心身を癒す療法に従事する人のことです。
エッセンシャルオイルは油脂ではなく、植物の花や根、樹皮などから抽出した揮発性オイルをさします。
植物により香りも効能も異なり、その数は数百種類にも及びます。優れたアロマセラピストはこの精油それぞれの効能、効果、特性を把握し、相手の体調や症状に応じて、最も適切なものを選び、ブレンドし、施術に用います。
疲れが癒されるとして、近年人気があり、リラクゼーションサロンなどでもアロマを使った施術が取り入れられるようになっています。またサロンだけではなく、医療施設や介護施設、高齢者施設などでもケアに用いられることが増えています。

アロマテラピーの認定制度とは

アロマセラピストは、複雑で多岐にわたるアロマの知識に加え、骨格や筋肉など人体に関する知識、そしてボディトリートメント等を行うのに必要な手技などさまざまな知識と技能が必要です。しかし、複数の民間団体が主催するさまざまなセラピスト認定制度はありますが、国家資格は存在しません。
そのため無資格でセラピストを名乗っても、法的な問題はありません。ですが、民間の認定試験に合格しておくと、就職や転職の際有利になります。アロマサロンやリラクゼーションサロンなどを開業する場合にも、ディプロマや認定書などがあれば、習得した知識や技能の客観的な証明となり、お客さまからの信頼が得やすくなります。
セラピストは、アロマに関する深い知識なしにはできない仕事です。検定試験合格を目指すことは、学習を継続するいいモチベーションともなることでしょう。

それぞれの民間団体とその認定制度の特徴

それではどのような民間団体があり、どのような認定制度があるでしょうか。
まず有名なのが日本アロマコーディネーター協会です。アロマコーディネーターやアロマインストラクターを認定しています。コーディネーターはアロマセラピーの基礎知識があり、安全に扱えると認定するもの、インストラクターは講師としてアロマセラピーを指導できると認定するものです。
ナードアロマテラピー協会は、国際的な研究機関です。アロマテラピーの普及と発展に貢献する協会で、初級レベルのアロマベーシック、中級レベルのアドバイザーコース、上級レベルのインストラクターコース、セラピストの仕事ができるセラピストコースなど、多くの認定制度を設けています。
この他にもアロマテラピー協会はたくさんあり、認定資格もそれだけあります。
アロマを学ぶ目的や将来の目標をよく考え、適したものを選び、取得を目指しましょう。