アロマセラピストとは植物などの自然の素材から抽出される、エッセンシャルオイルを使い、アロマセラピー行い、心身のリラクゼーションを提供する職業です。
植物が持つ香りで、人間に備わった自然治癒力を高め健康維持し、心身とも癒やします。これにより病気になりにくくなったり、体質を改善したりすることができます。天然の成分のみで行うことから、西洋の漢方と呼ばれています。ですので、安全に予防や治療を行うことができるのです。
日本にはアロマセラピーのための協会があります。そこでアロマセラピー検定やアロマセラピーアドバイザーなど、様々な資格があり、自分の必要に応じた資格を取ることができます。それにはもちろん試験があり、それに合格してアロマセラピストとなることができます。

様々な場所で活躍できる

現在医療現場やエステサロンで活躍しています。
特にその中でも医療現場では医師と連携を取りながら、積極的にアロマセラピーを活用している場もあります。
患者の身体に負荷をかけず、穏やかに作用するアロマセラピーは、適用できることが多く、低コストで患者の心を穏やかにしてくれたり、鎮痛作用などもあります。
例えば歯医者などでは、麻酔とは別な補助的な役割で活用されていたりします。産婦人科では、更年期障害や、出産時出産後の痛みを緩和させたりすることができます。
このように投薬ができない患者のためにも、自然の力で痛みの軽減や心の負担をなくすことができる、アロマセラピーは幅広い応用が利きます。
ストレス社会と呼ばれている昨今に必要な職業で、様々な場所での活躍が期待されています。

ストレス社会に必要なこと

精油と言っても自然由来のものなので、アレルギー反応がでる可能性や拒否反応を起こす可能性はゼロではありません。様々な精油が出回る中、正確な知識で気軽に相談できるアロマセラピストは非常な重要な役割を果たします。
人間は嫌な香りを嗅げば不快な思いをしますし、良い香りを嗅げばリラックス効果が得られます。いい香りを見つければそれを嗅ぐだけで、幸福な気持ちになれるアロマは心強い味方です。
現在生理学や健康学などにも考えが広がっており、より研究が盛んに行われております。
自己管理や健康意識を高めることで、自分自身を見直すことができます。それにはまずリラックスした心をもつことが大切です。アロマを嗅ぐというのはそういうことへの手助けとなります。
自己管理や健康管理が難しいなか、それの手助けとなる資格です。